勘違いと進化


■勘違いと進化

こんばんは、またもや出張先の携帯デバイスからブログを更新することになった上田真司です。

今回の出張先は熊本で、くまモンに会いたかったのですが、意外と中々会えないことがわかり残念です。出張前のイメージでは、くまモンは、そこら辺に歩いていて、気軽に写真とれるイメージだったんですが…(涙)

さて、かなりどうでもいい勘違いを長々と披露してしまいましたが、実は、この勘違い!前回からの疑問である進化のエネルギーである希望を持つ方法に密接に関係します。

人生いろいろな勘違いがあり、それが悲しみの原因になります。

 
たとえば、

✖️勘違い→可愛い女の子と、よく目が合うな。もしかして、自分に気があるのかもしれないぞ!と思う。
◯現実→自分があまりにもギラギラとした目で見ていたので、その女の子はギョッとしてコチラを見ていただけだった。

✖️勘違い→よく話しかけてくれるスーパーの可愛い店員さんがいる!もしかして、自分に気があるのか!?
◯現実→ただ、お客さんとして接しているだけで、異性として全く意識していない。

などなど。
 
…うーむ、なんだか例が全部、モテナイ自分の黒歴史というのが悲しい限りですが(笑)勘違いの状態から現実に気づいた時に人はショックを受けます。そして、理想と現実とのギャップを身をもって知ることになります。

そのギャップに気づいた時、人には二つの道があります。一つは、なんて自分はダメなんだ〜!と落ち込み気力をなくす道。もう一つは、「こんな自分のままでは、いつまでも理想をや幸せを手にすることはできない!よし!絶対に乗り越えてやる!」と思う道。どちらかです。

 
ただ、最初は落ち込んでいても、時間がたったり、誰かのアドバイスに触発されたり、自分で気づいて立ち上がることで、最初の落ち込むだけの道は脱出することができます。このように勘違いに気づいた心の痛みが、そのまま進化の原動力になったり、新しい気づきを得て次のステージに登るキッカケになったりします。

ですので、勘違いに気づいて、現実を直視した時、心から進化の情熱や希望が出てくると体験から感じます。

もし、あなたが色々やる気の教材を手に入れても、なかなか現状が改善しないと感じているなら…

もし、あなたが目標を達成するセミナーに出ても、なかなか夢や願望が実現しないと感じているなら…

それは自分の何かを勘違いしていて、根本的に自分の問題解決していないからかもしれません。

たとえば、熊本に来てくまモンの会いたければ、くまモンはそこら辺を歩いているという認識を改めて、くまモンもスケジュールをネットで調べるところから始めないといけません。そこら辺にくまモンがいるんだという勘違いを持ったままでは、そもそもくまモンのスケジュールを調べるという発想すら出てこないカモしれません。

あるいは、誰かから「くまモンって意外と忙しいんだよ。ちゃんとスケジュール調べなきゃ」と言われても「うるせー!そんな必要ない」って突っぱねるカモしれません。

 
同じように、改善すべき点があっても、それを見ていなければ、改善策もわからなければ、改善策を教えてもらっても実践することができません。色々と本を読んでも中々進化できないのなら、次の本に期待する前に、「では、自分の悩みの根本ってなんなのだろう?」「そもそも、何を見過ごしているのだろう?」このことについて考えたほうが得るものが大きいカモしれません。

とはいっても、現実に直面したときのショックは大きいですので、次回は、そのショックから立ち直る方法をお伝えしたいと思います。

 
上田真司

“勘違いと進化” への2件のフィードバック

  1. 加藤ヒトミ より:

    いつもお世話になっております。
    ありがとうございます。
    加藤ヒトミです。

    上田さんのとのお話やブログで、よくスーパーの店員さんの話が出てきますね。
    気になったらアピールですよ
    (^_^)
    ご飯にでも誘っちゃえばいいじゃないですか!!
    応援してます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ