マイナス思考をプラス思考に変える秘密


■マイナス思考をプラス思考に変える秘密

おはようございます。上田真司です。
本日もブログにご訪問いただき、ありがとうございます。
 

さて 先日、カウンセリングを受けている時に、

『マイナス思考の癖がなかなか治らない。
 わかっているけども、なかなか治らない。』

というご相談を頂きました。
 

事実、その方は、仕事と資格試験勉強の両立をされているのですが、

「プラス思考で動いている時は、勉強も前向きに取り組めるし、
 スケジュール通りに、物事が進んで楽しいんだけど、

 マイナス思考の時は、全てが上手くいかないように思ってしまい、
 勉強も続かなくなってしまう。」
 

そして、その方に、マイナス思考をプラス思考に変える方法として、
『口ぐせを変える』方法をお伝えしたところ、

“えぇ!それやってみたけど効果なかったんですよ”

と 驚いた声で言われました。
 

なぜ、口ぐせを変えるだけで、変わる人、変わらない人がいるのか?

こちらのZ氏からのメール文では、予想外の角度から、
その原因を明らかにされています。

◆ そもそも“Z氏”って誰なの??◆

“初めてZ氏のことを知ったという方”は
コチラをクリック して バックナンバーをご覧ください。

今回は、上のZ氏のメール文の内容をもとに、
マイナス思考をプラス思考に変える方法を考えてみたいと思います。

アファメーション、口ぐせと聞くと、成功本にも沢山 紹介されて
いるので、一度でも試された方は 多いのではないでしょうか?
 

事実、私のもとにも、

 ・毎日300回となえても変わらなかった。
 ・一日10回だけ感謝の言葉をいうという方法を試しても、
  後ろ向きな考え方が変わらなかったのでやめてしまった。

と悩んでおられる方が 非常に多いのです。

あなたが、もし、口ぐせを試してみたけど、なにも現実が変わらなかった。
という場合、今回の内容はお役に立てると思います。
 

たった一つのことを守るだけで「死にたい」から開放された女性

これは、私の友人の話なのですが、
「死にたい」「死にたい」とよく口にする女性がいました。

ところが、特に 生活に不自由している訳ではなかったのです。
普通に 食べていけるだけお金もあり、信頼できる友人もいる。

だけど、ちょっとした失敗があったり、恥をかいたりすると、
自分が存在してはいけないような気になり、
心から「死にたい」気分になってしまうそうです。
 

その女性の「死にたい」という気分を解消するためには、
簡単な方法がありました。

ええ、たった一つのことをしただけで、その女性は、
経済環境も友人も変わっていないのに、
『死にたい』という気分に陥らなくなったのです。
 

そのたった一つの事とは…
「死にたい」と口に出さなくしたことでした。
 

全く『死にたい』と口にしなくなっただけで、
「死にたい」という気分から彼女は開放されたのです。

そう、彼女は毎日のように「死にたい!死にたい」と
口に出すのが癖だったのです。
 

この話しを聞くと、
「えぇ、それだけで、そんなに気分が変わるの?」
と驚かれる方もおられるかもしれません。

「死にたい」と口に出すくらい、たいしたことじゃない、
普通ならそう思いますよね。

 
しかし、Z氏も仰るとおり、いつも口に出している言葉は、
想像を超えるほどの凄まじいパワーを持ち、感情や体調、
運命までも作り出してしまうのです。
 

無意識のうちに作り出す、マイナス思考からプラス思考

冒頭のクライアントさんのお話に戻しますと、
カウンセリングしている時から、無意識のうちに自分をダメにして
しまう言葉を、多くつかっておられました。

まず、口ぐせをお勧めしたときに、

「口ぐせは、やったことあるけど、効果ない」
「どうせやっても効果ないでしょう」

という言葉自体がマイナスな言葉なのです。

(思ったことを口に出すのは、考えをプラスにするキッカケに
 なるので、大切なことです。)
 

その他にも

・私には無理
・それは難しい
・自分には可能性がない
・でも・・・だから・・・などなど。
 

実際に、カウンセリングのあと、自分の発した言葉を聞いて頂いて、

『これは、スゴイ。願いが実現しないと思っていましたが、
 実は思いきり口に出したことを実現していたんですね!』

と驚かれていました。
 

なぜ?自分で気づくことができなかったのか?
それは、Z氏が仰る通り、
「現実を見ることができなかったから」
です。
 

現実を見ないと、実践していないことも
実践したつもりになってしまいます。

また、現実が見えないので、自分の悩みの根本原因がわからず
なにを直せばいいかわからなくなってしまいます。

そこで、自分が変わるための新しい方法を探すことになります。

ところが、なにを試しても変わらないため将来に悲観的に
なってしまいます。
 

これが、現実を見ることで、できていたつもりのことが
できていなかったことに気づいたり、自分の問題点が分かります。

すると、なにを直せばいいか明確になります。

こうやって、自分が変わる方法がはっきりするため、
新しい方法を追い求めずに、自分を進化させていけます。

現実が変わっていき、未来も変わるため、
将来に希望が見えてくる。

という風に、悩みが解消して、自分が変わっていきます。
 

私自身、油断するとプライドや慢心から、
現実が見えないことの方が多く、日々反省しておりますが…汗

対談音声やZ氏からのメール文を繰り返し読んで
「現実を見つめて、原因を特定して、悩みを解消する」
ことを心がけていきたいです。
 

もし、冒頭のように、
「口ぐせをつかったけど効果がなかった」
という経験がある方は、ぜひ一度、現実を見つめることに集中して、
普段の無意識に使っている言葉を気をつけてみてください。

現実を見つめることで、現実を変えるための対処法が導かれます。
きっと、あなたの資格試験の勉強や、夢や目標の達成に、役立つと思います。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

上田真司

“マイナス思考をプラス思考に変える秘密” への2件のフィードバック

  1. サトウ より:

    拝見させていただきまして、私自身、少し考え方がわかりました。
    2年も付き合っていた彼と先日、別れを経験しました。
    理由は私のマイナス思考です。
    治そう治そうと思ってはいたものの、なかなか治せずに彼をマイナス思考の人間にしそうになってしまったのです。
    相手の気持ちを考えると本当に申し訳なくおもいます。
    職場にも先輩がいますが、やはりプラス思考。
    私はつまらない事に拘ってマイナス思考で話す、さすがに私と距離を取られてる感じが分かってきました。
    私の個性だから・・・と逃げ道を自分に与えていたことに凄く情けなくなりました。
    そうか、発想の転換か・・・
    そう思った時には大切な彼との間に溝が出来ていました。
    現実を見つめて・・・その言葉を読んだ時、自分自身、見つめる事が出来ていなかったと。
    原因を特定・・・勝手な私自身の思い込みだった。
    悩みを解消する・・・自分自身で殻を作っていたんだと・・・
    冷静に自己分析して、改善させ、また彼に相応しい人間になりたいと考えました。

    • 上田真司 より:

      コメントありがとうございました!

      素晴らしいですね!!
      その決意を大切にして、毎日意識して、
      ・まず言葉を変えよう
      ・朝の過ごし方を変えよう
      など出来る事からことから意識して変えていったら、
      必ず自分を変えることができます。

      思考習慣が変わった後、
      「やっぱりマイナス思考よりもプラス思考になったほうがいいな」
      「友達も恋人も仕事も全部ガラッとよくなったな」
      「あの時、あのことがあったおかげで、真剣に考える事ができて改善できた!よかったな!」
      と思えますので♪

      あと、ブログ更新しはじめたものの、才能不足でブログのネタに困っていましたので…(汗)

      新記事は、マイナス思考やプラス思考について書こうと思いました(笑)

      私もまだまだ師匠から学んで、自分を変えている途中ですが、よい未来を勝ち取れるように一緒に頑張れたら嬉しいです★

      コメントありがとうございました!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ