記憶力を高めるシンプルな方法。


■ 記憶力を高めるシンプルな方法。
 
こんにちは!
近くのコンビニで、レジの男性から謎の質問をされた 上田真司です。

初対面なのに突然、「あなた、もしかして青山さん?」って言われた
のですが、ある方法を使って 帰り際には、「じゃあね 上田さん!」と
シッカリと 覚えてもらいました(笑)

人間の記憶力って、ある意味 恐ろしいですね!

 

さて、>>前回のメルマガ の最後で

「 成功者の多くが、短時間睡眠(短眠)である 」 ということを
お伝えしましたところ、数名の方から 以下の質問を頂きました。

「 睡眠時間を減らしてしまうと、かえって、
  記憶力や集中力が 落ちてしまうのではないでしょうか? 」

 
もしかしたら、あなたも 同じ疑問を抱かれたのではないでしょうか?
 
数名の方から 同じような質問を頂いた… ということは、
「 他にも、同じ疑問を抱いている方が おられるのではないか?」 と思い、
今日は、この場をお借りして、ご質問に お答えしたいと思います。

また、もし あなたが、

・集中が続かない!
・覚えた記憶が消えて行く!
・3日坊主で続かない!

とお悩みならば、今からお話しする
記憶力を高めるシンプルな方法が必ずお役に立ちます!
 
 
なぜならば、これらの “悩みの原因、解決策” の糸口も見つかるからです。

●睡眠時間を減らすと、集中力・記憶力は低下するのか?

それでは早速、ご質問に お答えして行きたいと思います!

まず、結論から言いますと、短時間睡眠(短眠)になっても、
集中力や 記憶力は落ちません。

落ちないどころか、集中力・記憶力は、より一層 高まります。
 

しかし、“睡眠の質”を上げずに 睡眠時間を減らしてしまうと、
記憶力や集中力は 急激に低下し、仕事や 勉強の効率は悪化します。

あなたも、経験があるのではないでしょうか?
 
某有名大学の睡眠の実験でも、睡眠時間を ただ単に減らすと、
集中力が落ちたり、記憶力が落ちる。という論文もあるくらいです。

これは、当然の結果だと言えます。

 

その一方で、このような実験結果もあります。

ボストン州立大学の精神科医、アーネスト・ハルトマン氏の実験では、
睡眠時間が “4時間以下” であっても、“6時間以上” 寝ている人よりも、
頭が冴えて、記憶力も良く活動的。という報告がされています。

いわゆる、ショートスリーパー(短眠)と呼ばれる人たちですね。
 
このような人たちの特徴は、ハルトマン博士曰く、
「 毎日を 積極的に楽しく過ごしている人たち。」
なのだそうです。            
 
私の周りにも、短眠の方たちは 沢山おられるのですが、
一人 ひとり、直接お会いして お話しを伺ってみますと、

皆さん 共通して言えることは、

仕事にしても プライベートにしても、毎日 楽しく過ごされていること。
集中力、記憶力が ズバ抜けて高い。

中には、90歳を超えた方もおられましたので、
短眠になるには 年齢は余り関係ない。とも言えるでしょう!
 
では 一体、どうすれば ショートスリーパーの人たちと同じように
毎日を積極的に 楽しく過ごせるようになれるのか?

それは、
 
●“潜在意識を変える”ことです。

それによって、次第に 睡眠時間が短くなり、
しかも、日中の集中力も 記憶力も高めることができるんですね。
 
ショートスリーパー7ステッププログラム(SSP)を聞き流すだけで、

 ・今まで 10時間以上寝ていたのが 6時間睡眠になれた!
 ・仕事中の眠気がなくなり、日中の集中力がアップして
  記憶力を高めることができ、仕事や 勉強の効率が良くなった!

という方が 沢山いらっしゃいます。

 

私自身、11時間以上寝ていた時よりも、現在の 4時間睡眠のほうが、
集中力・記憶力を高めることができ、多くのことを吸収する事ができています。
 
ただ、もしかしたら あなたは、質問を下さった方たちと同様、

 「 記憶力を保ったまま、睡眠時間を減らして時間をつくりたい。
   でも、睡眠時間を減らすことに 不安を感じる… 」

と 思われていらっしゃるカモ知れませんね…。

でも、安心してください!

そんな時は、まず、今の睡眠時間はそのままで、
毎日の勉強や仕事、家事などの作業を 楽しく工夫することに
フォーカスして見てください。

それだけで、
「8時間半寝ていたのに 6時間で大丈夫になった!」 という
方も沢山 いらっしゃいますので。

 

1日が あまり楽しくないと、無意識で 起きることを避けようとして、

 ・寝過ぎてしまう…
 ・二度寝してしまう…

のですが、1日が楽しくなれば、だんだんと 起きたくなってくるのです。
すると、自然に モチベーションが高まり、活力が沸いてきます。
 
これは、好きなことや、ゲーム等をしている時を振り返ってみると、
分かり易いのではないでしょうか?

食べることよりも、トイレに行くことよりも、寝ることよりも、
ゲームが最優先! … みたいな(笑)

なので、まずは、睡眠時間を減らすことを考えずに、
“起きている時間を楽しく過ごす”ことに フォーカスされることを、
強く、強く、オススメ致します!
 

●記憶力を高めるために 必要な要素。それは…
 
さて、ここからは、今日の もう1つのテーマです。

 ・集中が続かない!
 ・覚えた記憶が消えて行く!
 ・3日坊主で続かない!

実は、これらの “悩みの根本原因と 解決策” は、
全て 共通していますし、全て 繋がっているのです。
 
一体どういうことなのか?

今までのお話しの中で、その “ヒント” が隠れていたのですが、
今から、そのことについて お話ししたいと思います。
 
実は、既に これらの解決策は、前回のメールマガジン
「 成功者が使う集中力を高める方法 」 の中で お伝えしているのです。

>>前回のメルマガを、シッカリお読み頂いた方ならば、
既に 気づかれたことでしょう。
 
ええ、そうです。

Z氏が対談音声(vol.2)の中で仰った、

   「 自分発なのか? 自分の恐怖観念から発せられているのか?
自分がそれを望んでやっているのか? 恐怖から来ているのか?」

ここに集約されると、私は考えます。

更に、Z氏の言葉を お借りするならば、 
“なぜ それを手に入れたいのか? という目的が大事。”
 

つまり、

 ・周りの目や 評価を気にする、失う恐怖などの恐怖観念。
 ・自分の欲望、収入などの 目先のモノしか見えていない。

これらの強迫観念、目先の欲望から発せられた行動では、
“モチベーションが上がらなくなってしまう” のです。

モチベーションが上がらなくなると、どうなるでしょうか?
 
そう。物事が続かないばかりか、集中力も続きませんし 無くなります。
集中力がなくなる。ということは…
 

●いくら覚えても、その記憶が 泡のように消えて行きます。

私も 「記憶術」 を教えておりますが、

 「 記憶術の本や教材を買って 実践しているのですが、
   思うような効果が得られないんです…。」

というご相談を よく頂きます。
 
その方たちのお話しを、掘り下げてお聞きして行くと、
やはり、前述した“目的”が、微妙にズレいる場合が良くあります。

この スタート地点からズレてしまっているが故に、どんなに優れた
記憶力を高める方法を試しても、思うような結果が得られないのです。
 
そもそも、モチベーションが上がらないのですから…

 

Z氏も 対談音声(vol.3)の中で、

「話しの内容や 順序を全て覚えたり、物事を一発で覚えられるのも、
 集中しているだけ。特別な能力があるわけではない。」

と仰る通り、強い記憶を残すには 目的のズレを修正し、
「いかに モチベーションを高め、集中し切れるかどうか?」
たった それだけなのです!
 
 ・イメージトレーニングをしたり…
 ・残像トレーニングをしたり…
 ・身近なものやカードの絵と記憶を結び付けたり…

…などの 難しいテクニックを使わなくても、記憶できるんです。
“本質”というものは、本当に シンプルなのです。 

初対面の人からいきなり、名前を間違われようとも、最後には、
シッカリ 名前を覚えてもらえることも出来るんです(笑)

 

ですので、もし あなたが、

「集中が続かない」「覚えた記憶が消えて行く」「3日坊主で続かない」

という経験が、1度でもあるのでしたら、
 
“なぜ それを手に入れたいのか?
 
を 再度、自問自答し、目的を明確にしてみて下さい。

そのうえで、>>対談音声(vol.01~03)を、耳にタコができるぐらい、
何度も 何度も、繰り返し 聞いて見てください。

きっと、上記の“悩みの解決の糸口”が見つかるはずです。

 
それでは、今回は、少々 長くなってしまいましたが、
最後までお読み下さり、本当にありがとうございました~♪
 
上田真司

“記憶力を高めるシンプルな方法。” への2件のフィードバック

  1. 東 雅博 より:

    以前、上田さんの短眠法を購入して、8時間睡眠から6時間睡眠になりました。4時間半目指して頑張っています。不動産鑑定士の資格試験を目指している東と申します。暗記する事項の多い試験なので、記憶術にも興味があります。前に記憶術の通信教材を購入しましたが、挫折しました。上田さんも記憶術の教材を販売しているのでしょうか。
    その内容はどういうものでしょうか。実践可能なものでしょうか。以上、よろしくお願いします。

    • こんばんは、上田です。
      コメント頂き、ありがとうございます。

      「8時間睡眠から6時間睡眠になりました。
       4時間半目指して頑張っています。」
      ⇒素晴らしいですね!

      「不動産鑑定士の資格試験を目指している東と申します。暗記する事項の多い試験なので、記憶術にも興味があります。」
      ⇒難関の資格試験を目指されているのですね!

      「前に記憶術の通信教材を購入しましたが、挫折しました。上田さんも記憶術の教材を販売しているのでしょうか。」
      ⇒申し訳ございません。記憶術の教材は、現在、販売しておりません。
      要望を多く頂いておりますので、教材販売を再開するにあたり、教材のラインナップに加える予定はあります。

      なるべく実践できる人が多いものを目指して作っていきたいと思っております。

      あと、記憶術に関しては、個別のアドバイスもスケジュールの関係で今は新規受付をしていない状態でして…

      教材を購入されたのでしたら、おそらく購入者サポートメールが届いていると思いますので、
      そのメールに返信の形でよければお問い合わせください。

      メールで答えられる範囲でお答したいと思います。よろしくお願い致します。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ