仕事への情熱の源となるものは?


仕事への情熱を燃やし続ける上で大切なこととは?
 
こんばんは。上田真司です。
いつもブログにご訪問下さり、誠に ありがとうございます。
 

今日は、ブログで知り合った方から とても嬉しいメールを頂きましたので、
その質問と、メッセージをご紹介したいと思います。

タイトルにも書きました通り、仕事への情熱を燃やし続ける上でも
とても 重要な内容になりますので、ぜひ、集中してご覧ください。

※ご本人に許可を頂いた上で、ご紹介させていただいております。
 
 ▼ペンネーム:へちま 様
 ─────────────────────────────

 斎藤一人さんのファンでCDやDVDを何かあったときに聞くのを
 習慣にしている者です。

 そんななかで、たまたま上田さんのブログにヒットし、
 Zさんとの対談にいたる生々しい経緯を読むにつれ、しだいに
 「なんじゃこのブログわ~!!」 と、のめり込みまして、
 対談をダウンロードさせていただきました。

 まずは、ものすごく面白いブログを作成していただき、
 ありがとうございます。(過去のブログも拝見させていただきました!)

 それと同時に、無料で対談を聞かせていただき、感謝しております。

 おそらく、無料でなければ、こんなに早くあの対談に触れることは
 できなかっただろうと思います。

 Z氏・または上田氏が考える 「情熱」 の定義とは、
 どういったものなのでしょうか?

 例えば、好みの女性がいるとして、彼女と付き合う、もしくは
 セックスしたいと願うのは 「情熱」 であって、彼女の両親の財産を
 目当てに近づきたいと願うのは 「情熱」 ではないのでしょうか。

 そして、「なぜ、それをしたいのか」 「なぜ、手にいれたいのか」
 という問いに対して、「情熱」 がある場合とない場合では、
 答えはどう違ってくるのでしょうか?』

 ————————————————————–
 
へちまさん、大変、素晴らしいご質問をお寄せくださり、
本当に、ありがとうございました!

また、Z氏との対談音声をお聞き下さり、重ねてお礼を申し上げます。
へちまさんのように、本質を見抜く 「心眼力」 の高い方が 多いことに
メッセージを頂く度に、大変 驚いております!

私自身、へちまさんを見習い、どんどん学んで行こうと思います。

◆ そもそも“Z氏”って誰なの??◆

“初めてZ氏のことを知ったという方”は
シークレットセミナーでの出来事をご覧下さい。

シークレットセミナーでは、私(上田)は緊張して失敗ばかりでしたが…

上記のサイトで、人間の心理を知り尽くしたZ氏との出会い、
そして、紆余曲折を経て対談が実現するまでの経緯を公開しております。

 
ブログの内容も、過去の記事まで読んで下さり、
とても喜んで頂けたみたいで、大変 嬉しく思っております。

これから、もっといい記事をお届けできるように向上していきます。
 

情熱の源となるものとは?

 
さて、今回の回答は、Z氏に伺っておりませんので、あくまでも 私(上田)が
考える 「情熱の定義」 ということを前提に、お答えさせて頂きます。
 

まず

『Z氏・または上田氏が考える「情熱」の定義とは、
 どういったものなのでしょうか?

 例えば、好みの女性がいるとして、彼女と付き合う、もしくは
 セックスしたいと願うのは「情熱」であって、彼女の両親の財産を
 目当てに近づきたいと願うのは「情熱」ではないのでしょうか。』
 

というご質問についてですが、Z氏がシークレットセミナーの中で

——————————————-
 1.人は、生き続ける為に生きる。
 2.人は、子孫を残す為に生きる。
 3.人は、進化する為に生きる。

 この3つに複合されて、人は生きている。
——————————————-

という事を仰っておられました。
 

例えば、今回ご質問いただいた例の「好みの女性とのセックス」の場合、

2.人は、子孫を残す為に生きる。という、内容を基軸にしながら

1~3の全てに当てはまります。

 
例 
1,好みの女性とセックスすることが生き甲斐
2,好みの女性の子孫を残せる。
3,好みの女性と接する為に、自身を進化できる。

 
そして、Z氏が言われる通り、お金は、あくまでも上記の1~3を
手に入れる為の “道具” であって、目的ではないと思われます。

(対談でZ氏が仰っていた「目的」 と 「目標」 の違いを
 再度 お聞き頂ければ幸いです。)

よって “財産目当て” といった場合は、1~3のための手段が
目的にすり替わった例 だと考えます。

 
そして、Z氏が仰っていた通り、そのような場合では、
目的を達成するまで情熱が続かない、という事がよく起こると思います。
 

お金に翻弄されると哀れな人生を歩むことになる

 
私の周りにも経験された方が おられるのですが、
どんなことも、財産やお金を目当てにすると、

お金目当ての為に 相手を騙すことや、
 価値を与える前に、お金を奪うことばかり考える

という思考に入りやすいと思います。
 

これは本当の目的を持てず、自分を突き動かす燃えるような情熱がない為に、
動かずに、楽して 目的のお金を手に入れようとするから
だと思います。

これは、Z氏がセミナーの中で仰っておられた言葉なのですが、
このような思考は、一事が万事で、生活全般に悪影響を及ぼします。

たとえ、目的のお金を手に入れても、本当の意味でついてくる人がいない
あわれな人生を送ることになると思います。
 

実は、これについては、私が公開しております >>フランクリンの教材の中でも
お話ししていますが、ベン・フランクリンが印刷業の仕事をしていた時に、
同じ地域に2つのライバル店がありました。

一方は お金をあまり持っていない、もう一方はお金を持っているのですが、
どちらも、お金を目的に仕事をしていますので、人を不幸にしたり、かえって
お金を失ったりして、最後には破滅していくことになります。
 

シークレットセミナーに参加した後に、改めて 2人の末路を見て、
本当に Z氏がおっしゃる通りだなぁと、つくづく実感いたします。

次回は、仕事への情熱を持ち続ける上で重要な内容について、
今回の記事とは、少し違う角度でお話したいと思います。
 

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 
上田真司

“仕事への情熱の源となるものは?” への3件のフィードバック

  1. minako より:

    上田さんにお願いです。ブログやssp購入ページにツイッターのタグをつけてもらえませんか?

    ツイートしたいのだけど、タグがないと不便です。宜しくお願いします。

    (フェイスブックのタグも良いと思います。)

    • minako より:

      ブログのほうはありましたね。sspの購入ページ(http://tanminhou.net/00koe.html)このページをツイートしたいです。

      • 上田真司 より:

        遅くなり、申し訳ございません。
        パソコン音痴のため苦労しましたが…

        ようやく、http://tanminhou.net/00koe.html にツイートのボタンを設置できました。

        ご要望をお寄せ下さり、ありがとうございました。

        上田真司

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ