【動画付き】やる気の継続力アップ法~卓球の愛ちゃんに学ぶ~


■やる気の継続力アップ法

こんばんは、上田真司です。
本日もお読みくださり、ありがとうございます。

つい最近もやる気継続法について書きましたが、
>>やる気を継続する秘訣~トラブルを楽しむ~

今回は、
「卓球の愛ちゃんに学ぶ、やる気を継続させるコツ」
ということで別の角度から、さらにやる気継続法について考えていきたいと思います。
 

やる気の継続に失敗する人で多い傾向性

 
やる気継続に失敗する人には、次のような特徴があることが多いです。

 物事が続かない人
 やる気がある時は、徹夜でも頑張れる
 ただし、やる気がない時は、全く頑張れない

このように、一時的に、やる気いっぱいになるのですが、
それは、1~3週間ほどしか続かず、その期間が終わると、
一気にやる気がなくなるパターンです。

 
私も何度もこの失敗を繰り返していました。

 
これには、色々な原因があります。
その原因の説明については、ほかの機会に任せるとして、
今回は、比較的、すぐにできる改善策についてお話します。

 
実は、これをするだけ、
やる気が続かない悩みが カナリ改善することが多いのです!!
 

それは…

『やる気いっぱいの時にブレーキを踏む!』

ことです。
 

「やる気いっぱいの状態にブレーキをかける?

 せっかくやる気があるのだから、
 頑張ったほうがいいんじゃないか?」

と思われる方も多いかもしれません。
 

実際に、やる気いっぱいの状態の時に、
わざわざやる気を落とすような事を
やっても、いい影響がなさそうですよね?

これは、どういうことなのか?
あのイケメン卓球選手と熱愛発覚中で、
なにかと話題な卓球の愛ちゃんに学びたいと思います。
 

卓球の愛ちゃんに学ぶ

 
最近、イケメン卓球選手と 熱愛発覚して話題になっている
卓球日本代表の 福原愛選手(通称、愛ちゃん)が、以前に
ドキュメンタリー番組で 非常に印象深いことを語っていました。

(下の動画は2016年5月9日現在、公開されている動画ですが、
 あとで見た人、ネット上から削除されていたらゴメンなさい!)

そのドキュメンタリー番組では、愛ちゃんの生活に密着し、
練習風景、練習への真剣な姿勢、私生活などを撮影して、
それぞれの愛ちゃんの考え方をインタビューしていました。

 
その中で特に私の心に残ったのは、愛ちゃんが、
非常にメリハリのある生活をしていること
です。

 
たとえば、

・机に向って、1時間、時間を決めて卓球のことを考えて、
 ひたすらノートに書く、1時間終わったら、すぐにノートを
 閉じて卓球のことを考えるのを辞める

・練習上では鬼のような表情で卓球に打ち込み卓球のことしか
 考えない。

ところが、練習上から一歩 外に出ると、表情もやわらかくなり、
「これが同じ人間か?」と思うほど、笑顔が可愛い普通の女の子に…

 
という風に、“あるときは卓球”“あるときは料理”と、
バシっと切り分けて活動していたのです。
 

愛ちゃんの名言

 
上の動画の中で、愛ちゃんは言っていました。

「やる気がない状態がダラダラと続くと、
 やる気がある状態がダラダラ続く」
ーと。
 

ここで、もう一度、最初に紹介した
継続に失敗する人の傾向を思い出してみると…

 物事が続かない人
 やる気がある時は、徹夜でも頑張れる
 ただし、やる気がない時は、全く頑張れない

の三つでしたね!!
 

つまり、やる気がある状態の時に
ダラダラ続けているから、やる気がない状態も続いてしまうのです。

 
では、どうしたらいいのか?

この場合、やる気がない状態で頑張ろうとしても、なかなか脱出できません。
やる気がある状態の時に、そのやる気の灯を上手に持続させること。

そのために、やる気がある状態をダラダラと続けずに、
『ここまではやる気がある状態』『ここからはクールダウン』
と、しっかりブレーキをかけること。

この切り替えだけで、やる気が続かない悩みは少し改善し始めます。
 

例えるなら…

 
ちょうど、ずーーーっと、早めの速度でランニングしていて、
限界を超えても、まだ何分も何十分も頑張って走っていたら、
どっかでバタンっと倒れてしまいますよね。

その後、走るまで回復するには、かなりの時間がかかります。

ところが、休み休み走っていたら、長距離も走れますし、
体調を崩すこともありません。

それと同じようなものです。
比較的すぐにできる方法ですので、ぜひ、やってみて下さい★
 

次回は、「やる気がある状態」と「やる気がない状態」を
使い分けると、本当に効率がいいのか?

検証してみたいと思います。
本日もお読みくださり、ありがとうございました。
 

上田真司

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ