天才の勉強法 ~ダ・ヴィンチの記憶力の秘密~


■ 天才の勉強法 ~ダ・ヴィンチの記憶力の秘密~
 
こんばんは。上田真司です。
今日もブログにご訪問頂き、ありがとうございます♪
 

今回は、万能の天才レオナルド・ダ・ヴィンチが
天才の勉強法を語った名言に触れて、

「なるほど!」
と思いましたので紹介致します。

 食欲なくして食べることが健康に害あるごとく、
 欲望を伴わぬ勉強は記憶を損ない、記憶したことを保存しない。

レオナルド・ダ・ヴィンチ

うーん。さすが、万能の天才と言われるだけあって、
短い言葉の中に、深い真理を語っているように感じます。

たしかに、ダヴィンチの言う通り、勉強をする明確な動機がなければ、
どんな勉強も頭に入りません。
 

私自身の経験からもそうですし、
世界最高峰の人間学者であるZ氏が仰る内容とも符合すると思います。

◆ そもそも“Z氏”って誰なの??◆

“初めてZ氏のことを知ったという方”は
シークレットセミナーでの出来事をご覧下さい。

シークレットセミナーでは、私(上田)は緊張して失敗ばかりでしたが…

上記のサイトで、人間の心理を知り尽くしたZ氏との出会い、
そして、紆余曲折を経て対談が実現するまでの経緯を公開しております。

また、時間を忘れて集中し切っていけば、人間が本来 持っている
天才的な記憶力、創造力、体力 が引き出せるように感じます。

 
Z氏は、
情熱があることなら、集中しきって、物事を一発で記憶できる
>>奇跡的に実現した対談で仰っていますが、自分の記憶力が
物凄く高まる場面をイメージすると わかりやすいです。

たとえば、好きな女の子の名前は、一度聞いたら絶対忘れないとか(笑)
(凡人すぎて、こんな喩えしか出てこず申し訳ありません…汗)

それが、もっと広く様々な領域に働くと、
Z氏のような記憶力になるのかな、と想像しています。

 
つまるところ天才の勉強法とは

“情熱を持てる明確な理由を持って、
 集中し切ってとりくむこと”

ではないかと思います。

なかなか天才が生まれない理由

 
一方、現代社会で、なかなか天才が生まれない理由として、私のように、
もともと持っている能力や才能に恵まれない場合もありますが、
育った環境・教育が大きい
ように思います。

 
一例をあげますと、2014年現在、多くの塾や学校で
教えられていることは、

「辛くても我慢して勉強すれば、あとでいいことがある」
という内容です。

これは、ある一面では正しいですが、大人のやらせたいことを
無理やり子供にやらせるには、非常に都合のいい内容
でもあります。
 

すると、子供は、
「やりたい気持ちで楽しんで取り組んでいくうちに成長する」
という努力の方法で頑張るのではなく、

「辛くても我慢して、やり続ける」
という癖がついてしまいます。
 

そして、その“努力が苦しい癖”が勉強だけじゃなく、
仕事・部活など≪なにかを頑張ろうとするとき≫に出てしまいます。

 
どんなことでも、「辛いなぁ…」と思い込んでやると辛くなりますよね。
こうして、仕事も勉強も実際に辛くなってしまいます。

これを繰り返す事で、勉強・仕事を辛いものだと、
思い込むようになった人が多いように感じます。

 

凡人の上田が、凡人以下になってしまった原因

またまた、凡人の私の例で申し訳ないですが、

たとえば、以前の私は、勉強や仕事は、
「辛いことを我慢してやらないといけない」
と思い込んでいました。

それで、最終的に心のバランスを崩してニートになったのですが、
引きこもり時も、「働いたら負け」と思っていました(笑)

 
これは、そもそも「働く=辛い」というイメージがあったからだと思います。

そして、私の場合、その辛いイメージは、
「大人の言う事は聞かないといけない…」「真面目なのが偉いんだ…」
と学校教育に真面目すぎる状態で取り組んだから、出来上がったように思います。
 

億万長者や社長に学歴がない人が多いのも、
上記の事と関係あるのではないかと私は思います。

自分の中に眠っている天才の能力を引き出す方法

 
Z氏もシークレットセミナー懇親会で仰っていた通り、
全ての人は無限の可能性を持っています。
(その明確な理由と根拠は>>コチラをご覧ください。)
 

ですので、他人ができることなら、自分にもできるはずです。

では、自分の中の天才的な集中力や記憶力を
引き出すにはどうしたらいいでしょうか?
 

これは、Z氏も対談で具体的にお話しされていますが、、
最初にあったダ・ヴィンチの名言の通り

「やりたい気持ちの時にやる」
といいと思います。
 

といっても、以前の私のように、
やりたい気持ちが出るのを待っていたら、
一生行動しない人もいるかもしれません。

そんな場合は、
“やりたい気持ち”を増やしていく」
といいと思います。

 
やりたい気持ちを増やすには、
>>【図解】勉強出来ない悩みを解消!!勉強を習慣化する極意
で図解入りで説明しましたので、ご覧下さい。

超ナマケモノだった以前の私…

 
以前の私でしたら、恥ずかしながら、

「働いたら負け…」「努力しない人生こそ素晴らしい!」
「人生どれだけ楽したかが、大切だ!」

と、トンデモナイ事を思っていましたが、
働く時の喜びや楽しさを自分に少しづつ覚え込ませる事で、
今の状態まで回復し、進化することができました。

あのまま、人生の師匠やZ氏に出会わなかったら、どうなっていたか…
考えただけでも、ゾッとします。
 

まず、稼げずにニートまっしぐらだったと思いますし、稼げたとしたら、
権力をお金に翻弄されて、多くの人を不幸にしていた事でしょう。

といっても、今の私も、まだまだ全然な状態ですから(笑)
お客様や読者の皆様と一緒に、もっと学んで進化していきたいと思います!

少し話しがそれましたが、本題に戻ります。

仕事や勉強の楽しさは育てる事ができる

 
また、仕事の疲れで資格試験の勉強ができない人も、
勉強する楽しさであったり、成績が上がる達成感や快感を、
身体に覚えさせていくと、勉強が続き資格にも合格できる
ようなります。
(これは>>前回の記事でも説明しましたね!)

 
今回の記事が、天才の勉強法を知りたい方や、
勉強の集中力・記憶力を上げたい方のお役に立てば幸いです。

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。
 

上田真司

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ